高血圧に良い食事

血圧を下げるのに良い食べ物は、野菜や果物に豊富に入っているカリウムや、マグネシウムです。また、食物繊維も血圧やコレステロールを下げる効果があります。カルシウムの摂取も血圧によいはたらきをするので、低脂肪乳製品の摂取がおススメですが、腎臓が悪い方は、野菜や果物の成分によって、血清カリウムをあげてしまうので、注意が必要です。
east03
また、コレステロールと動物性の脂肪の制限によって、高血圧が原因でおきる、動脈硬化の進行も防ぐことができます。脂っこい肉類が好きな方は、制限すると、血圧に良いでしょう。一方で、魚の脂肪はたくさん摂取することで、血圧が少し下がると言われ、血液中の脂質も改善される効果があります。特に肥満の方は過食の方が多いので、これらの食事療法を行いながら、減量も必要です。減量することが、降圧にもつながり、1kgの減量で、およそ1mmHgの低下が見込めます。

減量することは、糖や脂質代謝の改善にもつながり、結果的にメタボリックシンドロームの予防や治療にもなります。それに併せて運動療法も効果的ですが、肥満のかたが、一度に食事療法も減量も行い、さらに運動療法も行えば、辛く、長く続きませんので、まずは、できることから始めるのが良いでしょう。運動療法は、ウォーキングのような軽い運動を続けて行うことが効果的です。無理なく30分以上続けられる、有酸素運動がいいでしょう。運動療法で、血圧が5mmHgから10mmHgも低下します。運動は日常的に続けて行えば、ストレスの解消や減量にもつながります。

<高血圧はとても怖い病気>

高血圧にならない為の予防策はたくさんあります。私たちの生活習慣を改善させればいいのです。簡単に言えば、朝昼晩栄養バランスのよい食事をして、適度な運動、十分な睡眠をすることです。言葉で言えば、とても簡単なことに感じますが、そうは行かないのが高血圧予防の難しいところです。子どものころは、学校や親の管理の下で、ある程度健康的な生活を送れていた人が多いと思います。

しかし、大人になると、なんでも自分で選択できる生活になるので、偏った生活習慣になってしまう人も多いのです。好きな食べ物を好きなだけ食べていたり、お酒を毎晩飲んだり、喫煙していれば、いずれ体がついていけなくなります。歳をとると、筋肉痛が時間差できますよね、それと同じで若いときは、その日その日で処理できていたことが、だんだん処理するのに時間が掛かって、やがて処理しきれなくなります。すぐにどうにかなるわけではありませんが、10年後、20年後には病気が待っているかもしれません。習慣と言うのは、ある意味とても怖いものです。なかなかやめることができないからです。。病気になってから改善するのでは遅いのです。

特に高血圧を放っておくと、心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化、腎臓疾患などの生命にかかわる病気に突然襲われるリスクがあります。薬を飲み始めたら、一生付き合って行かなければなりません。一度高血圧になってしまうと、自力で正常に戻すのは、不可能に近いかもしれません。高血圧を改善させるよりも、高血圧予防に生活習慣を改善させたほうが、ずっと簡単なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>